新規受付お休み中です(2021年末まで)

【事例解説】ホームページのつくり方 ②事業や活動の全体像を整理する

サイトタイトルや画像、ロゴを決めたはいいものの、そこから詰まっていませんか?

【事例解説】ホームページのつくり方 ①ホームページの必要性って?

【事例解説】ホームページのつくり方 ①ホームページの必要性って?

こちらの記事の続きです。

 

「ホームページを作るぞ!」

たくさんのホームページ作成サービスの中から、どれを使うか決めて。

ワクワクしながらテンプレートデザインを選び、サイトタイトルを考え、イメージ画像やロゴを決めて…

このへんまでは感覚的に、楽しくできるのですが、「この先から進まない!」という声が多いようです。

 

いざつくろうとなると、

  • どんな内容のページが必要なの?
  • 何ページつくらないといけないの?
  • 自分のサービス(活動)内容って、何がアピールポイントなんだっけ?
  • プロフィール、きちんと書いたことないかも(写真もない!)
  • お問い合わせフォームとか、特定商取引法のページはいるのかな?
  • あれ、統一感がないし、言ってることに一貫性がないのでは?

 

などなど。

いろ~んなことが頭の中をかけめぐり、

「何から手をつけたらいいかわからない、整理できない!!泣」

ということが起こりがちです^^;

 

単発の発信を重ねていくSNS投稿とはまた違い、ホームページはサイト全体で機能していくものなので、ロジカルに考える必要があるのですね。

先が見えないと、ちょっと不安になりますが、大丈夫。

急がずひとつひとつやっていきましょう。

 

ビジネス全体の「整理作業」が、一番最初にすることです

ホームページ作成にかぎらず、自分のビジネスや活動を知ってほしい、告知したい、となったら、

一番はじめにする作業はビジネスや活動の「全体像の整理」です。

 

こう書くと、カタくて地味なのですが^^;

 

つまり「誰に」「何を」伝えるのかということ。

このサービスや活動は、どんな人を幸せにできるのか。

目指すビジョンやコンセプト、理念は何なのか、を整理するということです。

(※表現の発露や世界観を売るアーティスト活動などは別です)

 

サイトタイトルや画像、ロゴなどは、この「誰に」の方向性ありきで決まるものです。

統一されたコンセプトや理念、方向性があってはじめて、信頼感、説得力が生まれます。

 

「他者に伝えるため」専用のワークシートで整理してみよう

ではこの整理作業ですが、何をどうすればいいのか? というと、

専用のワークシートで、「あなたのビジネスについて、7つの要素を意識して書き出してみてくださいね」と、お伝えしています。

 

▼専用ワークシート「樹のワーク」▼ 

ダウンロードできます→

樹のワークシート

▼伝えるための7つの要素とは

  1. あなたのバックグラウンド
  2. 軸となる思い
  3. ビジョン・目指すところ
  4. 商品・サービス
  5. 提供する商品やサービスの魅力、価値
  6. どんな人/場面が対象か
  7. その人の悩み・理想・憧れ 

この、樹のイラストの質問項目に沿って、書き出していくと、ビジネスや活動の全体像が「自然と」整理できます。

中には、今まで意識したことがない項目もあるかもしれませんが、できるだけたくさん書き出してみてくださいね。

「樹のワーク」ダウンロード付き もっと詳しい7日間メール講座はこちら▶

 

このワークシートで書き出す項目は、お客様になる人が「知りたいこと」です。

あなたのサービスや商品を購入したり、活動をいっしょにやってみたい、参加したい…

その決め手となる判断材料です。

 

そして、これらをすべて盛り込み、見やすく、わかりやすく再構成したものが、ホームページというわけです。

まずは、整理ありき!

ホームページの内容となる「材料」をそろえていきましょう。

 

「整理シート」があれば、デザインや写真のイメージも共有できる

ちなみに、今回ホームページ作成に携わった、うららか様の「樹の整理シート」はこちら。

※お見せできる箇所のみ公開させていただいています

 

通算6時間くらいのヒアリングを最初に行い、全体像の整理(シート化)を行いました。

これをクライアント様と共有しながら、事業の内容やしくみ確認、イメージ、階層構成、もっとも大事なコンセプトを固めつつ、制作を進めていきました。

 

わたしは、ロゴデザインや凝った画像制作はできないので、制作終盤にデザイナーさん(sato工房様)にご協力いただいたのですが、そのときも、このシートを共有してイメージを伝えています。

もちろん、三者とも向かいたいビジョンからずれることなく、作業を進めることができました^^

 

error: Content is protected !!