新規受付お休み中です(2021年末まで)

わたしの軸にある思い

わたしはなぜか、小さいころから自分のことを漠然と「早世の人」だと思っていました。

「よく死ぬために、よく生きたい」

そんな気持ちがわたしをひそかに動かし、判断の基準になってきました。

 

幸い、40代後半になっても元気でホッとしていますが、いまあらためて思います。

お墓まで持っていけるのは、自分が体験した感情だけだと。

この人生の最後に目を閉じる瞬間、「わたし、よくやったな」と思いながら眠りにつきたいと。

 

成功体験だけではないかもしれません。

でも、挑戦することや、失敗にも同等の価値があって、いろんな感情を味わうことが、後悔のない人生だと思うのです。

 

そんな思いが軸にありますから、ビジネスを「生きる証」にしたいという思いを伺うと、背中を押したい、エールを送りたい気持ちでいっぱいになります。

もし、書いたり伝えたりする作業でつまづき、迷い、はじめの一歩を出すことをためらっているのなら、すっと横から支えるお手伝いをしたいのです。

あなたにとっても、わたしにとっても、後悔のない人生のために。

 

わたし自身、20年近くのライター歴がありますが、「書くこと」が得意だったわけではありません。

読書感想文で賞をもらったこともなく、作家になりたかったわけでもなく。

卒業論文の指導教官からは「(下手すぎて)笑って読めへん」と言われたこともありました。

 

ニガテ意識があって苦戦してきたからこそ、どうやったら伝わるのか?

どう構成したら分かりやすいのか?

文章力がないなら、図や絵、フローチャートで、しゃべりで、写真で、動画で…

いつも、伝え方のバリエーションを練ってきたように思います。

それをいまあらためて、書くためのメソッドに転換して、悩んでいる誰かのためにお伝えしたり、サポートしています。

試行錯誤も、必然だったのでしょう。

 

わたしのコンサルティングや講座も、一様の「型」にはめて、ぐいぐい押しつけるスタイルではありません。

何事にも絶対はありませんし、ビジネスの形も、続けていくうちにどんどん変化していくものです。

 

ひとりひとりに合った方法をいっしょに模索し、十人十色の発信内容やPRの仕方をいっしょに考えていきます。

「売れる書き方」のパターンを覚えるのではなく、ひたすら「信頼を積み重ねる」ことこそが大切です。

言葉は、心を結ぶリボンなのですから。

 

「聞く」ことに注力する、カウンセリングのようなライティング。

ぜひ、集客の前に、お使いいただけるとうれしいです。

error: Content is protected !!