ビジネスを伝えるネタ帳をつくろう≫

書けないときの対処法 プロフィールには「数字」がないとダメなの?

スタートアップなのに「数字」って必要??

これまでの施術○○○○人! 売上○○○○万を突破!

よくプロフィールに踊っているこんな「数字」…

これってないとダメなの?って悩まれている方、けっこう多いと思います。

とくにスタートアップの場合は、実績なんてこれから…というのが実情ですから、実数を書くのは難しいですよね。

書けば逆に経験不足なイメージがたってしまう気がして、ショボンとなったりして^^;

 

「価値」を伝えるモノサシを変えてみる!

この「数が多いほどいい」という発想は、物販にはあてはまるかもしれませんが、女性のビジネスに多い、じっくり「よりそい型」の無形サービスには必ずしもあてはまりません。

何か月も、何年もかかって効果の出てくるサービスもありますし、結果が目に見えることではないことも…

数値では比較できないし、判断もできないわけです。

 

それに、件数、年数だけが説得力をもつわけではありません。

プロフィールを読んでのご成約の決め手は、数値よりも共感・信頼感であることもあります。

なので、数値のモノサシを「量」ではなく、スパンとかていねいさとか、お客様の声とか、別のモノサシで表現する方法を考えましょう。

 

たとえば、

○最低3か月、お客様と二人三脚でサポートします

○お客様とのご相談の記録カルテは、厚みが3センチになりました

○メール対応は1時間以内をモットーとしています

○必ず笑顔でお帰りになることをお約束しています

○ご紹介率、リピート率が○%

といった具合に。

 

あなたのサービスの価値を伝える、あなただけのモノサシは、きっとたくさんあるはずです。

そこに「数値」をうまく使っていけたらいいですね。

あと実数だと弱い場合は、パーセンテージ(割合)で表記するのも手ですよ^^

 

不自然な数字は逆効果w

信頼につながる数字が出せる方は、もちろんバーンと出していただいてOKです。

ただし、1年間で個人面談○万人!とか、ありえないような数字を出しているとかえって逆効果です。

薄いサービス内容なんじゃない?

適当なんじゃない?

って疑われる可能性があります。

くれぐれも不自然なほど誇張せずに^^

 

error: Content is protected !!